“泰山木”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たいさんぼく60.0%
たいざんぼく40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“泰山木”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「いい花だなあ。ちょっと泰山木たいさんぼくみたいだけれど……」
朴の咲く頃 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
昂然こうぜん泰山木たいさんぼくの花に立つ
五百五十句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
そのまた胴は窓のそとに咲いた泰山木たいざんぼくの花をうつしている。
十円札 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ゆふぐれの泰山木たいざんぼく白花しろはなはわれのなげきをおほふがごとし
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)