“服部”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はっとり76.9%
はつとり15.4%
はとり7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“服部”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 戯曲25.0%
社会科学 > 社会 > 社会学3.0%
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「みんな一度はやられているらしいな。土つかずは服部はっとりのおしゅんさんとお前くらいなもんだというじゃないか。」
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
銀座は昔の面影もなくなったが、天金といった天麩羅屋は、いまの服部はっとりの裏にあり、その所蔵の馬琴、一九、三馬の扇面を私はいま愛蔵している。
江戸の昔を偲ぶ (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
加代 あなた、服部はつとりさんのお子息さんでしたね。鉄蔵がどうかいたしましたんですか。
鉄蔵 おつさん、服部はつとりの息子ね、僕と同じ班なんだぜ。昨日、戦友のちぎりを結ぼうなんて、レモン・テイイをおごりやがつた。あいつ、センチだからなあ。