“はっとり”の漢字の書き方と例文
語句割合
服部100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「みんな一度はやられているらしいな。土つかずは服部はっとりのおしゅんさんとお前くらいなもんだというじゃないか。」
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
銀座は昔の面影もなくなったが、天金といった天麩羅屋は、いまの服部はっとりの裏にあり、その所蔵の馬琴、一九、三馬の扇面を私はいま愛蔵している。
江戸の昔を偲ぶ (新字新仮名) / 野村胡堂(著)