“星屑”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほしくず57.1%
ほしくづ42.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“星屑”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
星屑ほしくず降るような宵だったが、忽ちあしのざわめき、波を捲く颷風ひょうふうだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
満天の星屑ほしくずを背にそそり立つ荘厳の姿は、私がこの世の中でみた最も美しい状景であった。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
私は白い壁を眺めた、それはのぼりつゝある星屑ほしくづで深く見える空のやうに思はれた——一つ/\の星は、志ざす方へ、またよろこびへ、私を照した。
小夜中は五重の塔のはしばしに影澄みにけり小糠こぬか星屑ほしくづ
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)