“星野温泉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほしのおんせん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“星野温泉”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学25.0%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 地理・地誌・紀行20.0%
自然科学 > 自然科学 > 科学理論 科学哲学6.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その時自分は星野温泉ほしのおんせん別館の南向きのベランダで顕微鏡をのぞいていたが、爆音も気づかず、また気波も感じなかった。
小爆発二件 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
八月初旬のある日の夕方信州しんしゅう星野温泉ほしのおんせんのうしろの丘に散点する別荘地を散歩していた。
三斜晶系 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)