“旧恩”の読み方と例文
読み方割合
きゅうおん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生、諭吉に序文ず。諭吉は年来他人の書にするをまずして一切その謝絶するの例なれども、諭吉の先生における一身上関係からずして旧恩の忘るべからざるものあり。