“旧天王”の読み方と例文
読み方割合
キーデンノー100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それからは洪積層旧天王安山集塊岩つづきのにもさっているかがいちばんの疑問だったけれどもぼくたちは集塊岩のいくつもの露頭を丘の頂部近くで見附けた。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)