“摺付々々”の読み方と例文
読み方割合
すりつけ/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見屆て申すなり彌々ぬに於てはすると首筋んで引摺出し力にせて板縁摺付々々サア何だ坊主め白状しろ何處せしぞ但しは落したかと茂助もともに聲を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
粗略に致すなと申渡し其駕籠に追尾けりば藤八はヤヽ御取上下さると歟ハヽア有難や嬉しやと涙を流し頭を大地へ摺付々々伏拜めばお節も餘りの嬉しさにウンと後へ仰向反し正氣を失たり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)