“揷花”の読み方と例文
読み方割合
いけばな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然程に新吉原松葉屋にては彼のお高をへ樣子をに書は廣澤生田流揷花は遠州流茶事より歌俳諧に至るまで是を知らずと云ふ事なく容貌美麗く眼に千金の色を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)