“揷古”の読み方と例文
読み方割合
さしふる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あゝ是は揷古した櫛昔物ゆえ気には入るまいけれど、嫁御へ私が心ばかりの祝物、常に此の櫛とをさしてが側に居ると心得、油断なくを思い
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)