“提灯印”の読み方と例文
読み方割合
ちょうちんじるし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
眼をますと、いつの間にか、船は三番台場の一、二町沖に来ている。赤い提灯印が、闇に泛いて近づいて来るのだった。櫓音がたちまちこっちの船のまわりを一周した。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)