“提灯玉”の読み方と例文
読み方割合
ちょうちんだま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「たとえて云うと縄暖簾の先へ提灯玉を釣したような景色と思えば間違はあるまい」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)