“提灯骨”の読み方と例文
読み方割合
ちょうちんぼね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青年は、自分のかぶって来た饅頭笠を改めて兵馬に提出したが、これはなんらの文字を書こうとも言わず、それはまた提灯骨で通してあるから墨の乗る余地もないもの。
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)