“提灯篝”の読み方と例文
読み方割合
ちょうちんかがり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
間の山の盛り場では、提灯篝の火が空をして、鳴り物の響きが昔ながらに盛んに響いて来るのに、自分の見たいと思う人と、聞きたいと思う声だけは、一つも現われて来ない。そこで米友は
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)