“挿圖”の読み方と例文
読み方割合
さしづ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
土噐の形状紋樣に至つては多言を要せず、實物を見たる人はなり、第七回の挿圖のみを見たる人も、未開の人民が如何にしてく迄に美事なるものを作り出せしかと意外の感をくならん。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)