“振冠”の読み方と例文
読み方割合
ふりかぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
傳次は驚いて逃げに掛る処を袈裟掛に切りましたから、ばったり倒れると、柳田典藏は残念に思い、この乱暴人と自分の乱暴人を忘れ振冠って切掛ける。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
四辺粛然として水を撒いたよう。お繼は鉄切声、親の敵と呼んで振冠ったなり、面体も唇の色も変って来る。うなると女でも男でも変りは無いもので
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
怖いからって居たが、今鼻の先へ巡礼が倒れ、大の侍が振冠って切ろうとするから、人情で怖いのを忘れて、宰取棒で水司又市の横っをぽんとった。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)