“愛護”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あいご40.0%
かば20.0%
かぼ20.0%
アイゴ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
純な一途と情をもって、女たちもよく働く。殊に娘たちの打ち振る手や送る目も、また若き武者ばらに愛護の念を抱かせた。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何処までも弱い者を愛護ふて下さる御仁慈深い御分別にもり縋らいで一概に厭ぢやとは、仮令ば真底から厭にせよ記臆のある人間の口から出せた言葉でござりまするか
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
どこまでも弱い者を愛護うて下さるお仁慈深い御分別にもらいで一概に厭じゃとは、たとえば真底から厭にせよ記臆のある人間の口から出せた言葉でござりまするか
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
北の方は玉の様な愛護を生む。誓約の三年は過ぎて、若十三歳になる。約束の期は夙に過ぎた。命を召されぬ事を思ふと、神仏にも偽りがある。
愛護若 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)