愛護かぼ)” の例文
どこまでも弱い者を愛護うて下さるお仁慈深い御分別にもらいで一概に厭じゃとは、たとえば真底から厭にせよ記臆のある人間の口から出せた言葉でござりまするか
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)