“愛宕下”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あたごした94.1%
おたぎおろ5.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
店の者に云い置いて、半七は更に愛宕下あたごしたの藪の湯をたずねた。藪の湯は女房が商売をしていて、その亭主の熊蔵は半七の子分である。
半七捕物帳:52 妖狐伝 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そのころの太郎はようやく小学の課程を終わりかけるほどで、次郎はまだ腕白盛わんぱくざかりの少年であった。私は愛宕下あたごしたのある宿屋にいた。
(新字新仮名) / 島崎藤村(著)
たもとに寒き愛宕下おたぎおろしに秋の哀れは一入ひとしほ深く、まだ露りぬ野面のもせに、我が袖のみぞ早やうるほひける。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)