“御許容”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おんゆるし50.0%
ごきょよう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御許容”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
されど妾は答えざりき、そは母上より父上に語り給わば到底御許容おんゆるしなきを知ればなり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
おん差越之さしこしの御草稿ごそうこう拝受はいじゅいたしたく御許容ごきょよう可被下くださるべく候也そうろう