“彼誰時”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かわたれとき33.3%
かわたれどき33.3%
たそがれどき33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
程なく彼誰時かわたれときの薄明りが、忍びやかに部屋の窓から這入はいって来た。
みれん (新字新仮名) / アルツール・シュニッツレル(著)
彼誰時たそがれどきの空には星の色が褪め掛かる。
復讐 (新字旧仮名) / アンリ・ド・レニエ(著)