“座付”の読み方と例文
読み方割合
ざつき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
座付をつけ、続いてちょっとでもこの三下りに入ったものだな——それからめい/\客の注文の座興の唄に応じたものだ。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
とお座付が済み、は深川の端唄かにやる大分興にった様子、御家老も六十いお年で、初めて斯ういう席に臨みましたので快く大分に召上りました。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
知人の旅行するごとに送別の宴あり。り来るごとに歓迎の会あり。会開かれて酒出れば芸者現る。芸者現れてお座付けば、客酔うてかくし芸をなす。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)