“川島”の読み方と例文
読み方割合
かわしま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八歳か九歳の時か、とにかくどちらかの秋である。陸軍大将の川島回向院石壇の前にみながら、かたの軍隊を検閲した。
少年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
この歌は、川島皇子がぜられた時、柿本人麿が泊瀬部皇女と忍坂部皇子とにった歌である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
文字通りに、砲烟弾雨の中をくぐることもしばしばあります。日清戦争には二六新報の遠藤君が威海衛で戦死しました。日露戦争には松本日報の川島君が沙河で戦死しました。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)