“山冷”の読み方と例文
読み方割合
やまびえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
折角の思召ですから戴いて置きましょう、日が暮れると雨の降る時は寒うございます、に本郷山が側ですから山冷がしますから、もっと其の麁朶をおべなさいまし
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
侍「娘は向うの方へ一人で寝る、時は丁度秋の末の事、山冷でどうも寒い、雨はばら/\降る」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
最前からの山冷にて手足も凍え、其の儘に打倒れましたが、女の一心、がばと起上り、一喝叫んでドンと入れました手練柔術、一人の舁夫はウームと一声、倒れるに其の場を逃出しました。
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)