“居列”の読み方と例文
読み方割合
いなら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ずらりとそこに居列んだ面々も、(そんなことは万々承知だ)といったような、いかにも見透かしたようなふうをしてその酌を受けていた。
六月 (新字新仮名) / 相馬泰三(著)
で、一同も少しく魂負けがして、念の為に石の最も多く降るという座敷にズラリと居列んで、をあげて天井を睨み詰めていると、石は一向に落ちて来ぬ。
池袋の怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
広びろとしたに金係りお米係りの番頭が、行儀よくズーッと居列んでいるのだが、この札差しの番頭は、首代といっていい給金を取ったもので、無茶な旗本連を向うへまわして
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)