“小間癪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こましゃく66.7%
こましやく33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小間癪れて先の知れぬ所へだと吼顔かいてでも仕そうな様子だから、買手の所へ行く間一寸縛ってたのだ、珠運とかいう二才野郎がどういう続きで何の故障
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
兄弟じゅうではやや常識に富んだ穏かな彼れは、けっして烈しい口は利かないが、小間癪れた妹の言語態度が女学生めいているのが気にって、からかうか冷やかすかしなければ虫が収まらなかった。
入江のほとり (新字新仮名) / 正宗白鳥(著)
兄弟中では稍々常識に富んだ穩やかな彼れは、決して烈しい口は利かないが、小間癪れた妹の言語態度が女學生めいてゐるのが氣に觸つて、揶揄ふか冷かすかしなければ蟲が收まらなかつた。
入江のほとり (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)