“射向”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いむ66.7%
いむけ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、眼八は無造作に見て、そのがみをつまみそうに、片腕の袖をまくりあげたが、キラッと笠の蔭から射向けられた眼光りに、そう簡単に手がのびなかった。
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ちぬられた鉄杖をしごきなおして、ふたたび、らんらんとしたをこなたへ射向けてくるようす。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
萬一事有るの曉には絲竹に鍛へし白金造打物は何程の用にか立つべき。射向の袖を却て覆ひに捨鞭のみ烈しく打ちて、笑ひを敵に殘すはのあたり見るが如し。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)