“寸閑”の読み方と例文
読み方割合
すんかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのしない寸閑んでは、ここに集まって、老中達以下、刻々と内匠頭の処断をすすめていた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
故郷へまわる六部の気の弱り——で、お十夜がこの際寸閑をぬすんで、郷里をのぞいたことは、ようやくかれの放縦な世渡りと、そぼろ助広の切れ味に、さびしいが立ってきたのを語るものである。
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「陣中、寸閑も、抜き差しならぬ身にござりますゆえ」
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)