“室:シツ” の例文
“室:シツ”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“室:シツ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「否々。いつの時代でも、決して人物が皆無ではない、ただそれを真に用うる具眼者ぐがんしゃがいないのじゃ。孔子もいっているではないか。——十シツムラニハ必ズ忠信ノ人アリ——と。何でこの広い諸国に俊傑がいないといえよう」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)