“実銘”の読み方と例文
読み方割合
じつめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
惣「うん成程うかえ、能く墓参りをする、中々温順やかな実銘な男だと云って、村でも評判がい」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
の母は私共へ勤めて実銘な者で、それも亡なりましたそうですが、それでも彼が芸者とか何とかで母を養いまして、商売柄に似合わない親切者で、何うか贔屓にしており遊ばして
今は市城村に世帯を持って筏乗をして母を養う実銘な人。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)