“宝鈴”の読み方と例文
読み方割合
ほうれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
するとどこかで、宝鈴が落ちて廂瓦に当るような音がしたので、はっと思って向うを見ると、五六間先の小路の入口に一人の女が立っていた。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
のみならず師泰は、天王寺塔の九輪の宝鈴を一つつぶして、こころみに酒の鑵子(ちろり)に造らせてみるに、玲々たる金味があり、これでをすると何ともいえぬ芳味があった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もっともこれは必ずしも行長の油断したせいばかりではない。この帳はまた鈴陣である。誰でも帳中に入ろうとすれば、帳をめぐった宝鈴はたちまちけたたましい響と共に、行長の眠を破ってしまう。
金将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)