“宗砌”の読み方と例文
読み方割合
そうぜい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当時、ぴとの構へたれ事でございませうか、天狗落文などいふ札を持歩く者もありまして、その中には「徹書記宗砌、音阿弥、禅竺、近日此方シ」
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)
雨風も花の春をばさそひけり 宗砌
古池の句の弁 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
当時、ぴとの構えたれ事でございましょうか、天狗落文などいう札を持歩く者もありまして、その中には「徹書記宗砌、音阿弥、禅竺、近日此方シ」
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)