“安楽庵策伝”の読み方と例文
読み方割合
あんらくあんさくでん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其前つてますると、太閤殿下御前にて、安楽庵策伝といふ人が、小さい見台の上に、宇治拾遺物語やうなものをせて、お話をたといふ。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
安楽庵策伝の『醒睡笑』は、元和年間に書き上げたという笑話集だが、その中には「祝ひ過ぎるもなもの」という題で、そのような例が数多く出ている。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
元和九年安楽庵策伝筆でわが邦落語の鼻祖といわるる『醒睡笑』巻一に