“孤立無援”の読み方と例文
読み方割合
こりつむえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かねてから主君勝家は、若年におわし、しかも、孤立無援に立ちたもう伊那丸さまへ、よそながらご同情いたしておりました。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
白痴の心にもお蘭が自分から失われ、自分は全く孤立無援で世の中に立つしさがひしひしと感じられた。現われて来る眼に見えぬ敵を想像して周章てはてた。
みちのく (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
彼は、爆発点に達しようとする憤懣をおさえるのに、骨を折った、孤立無援の彼は……。
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)