“奸婦”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんぷ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“奸婦”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
宮さん、お前は奸婦かんぷだよ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「知らいでどうしよう! 金吾は悪病と悪夢からさめている! 形の上ではそちにも長い世話になったが、礼をいう一言もない。——帰れ帰れ! 妖婦ッ、奸婦かんぷッ。これ以上金吾の身に寄ってくるならば、この了戒りょうかいの刀を越えてまいらねばなるまいぞ——」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)