“奥蔵”の読み方と例文
旧字:奧藏
読み方割合
おくぐら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其の中に春見屋という宿屋を出しましたのが春見丈助という者で、表構宏高といたして、奥蔵があって、奉公人も大勢使い、実にした暮しをして居ります。
十七の奥蔵に、五枚錣に九ツのして、大切に秘蔵をしておりますのをね、今日お見えの嬉しさに、実は、貴女に上げましょうと思って取出しておきました。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
問屋町の裏側はしもたやで、というより奥蔵のつづき、ところどころ各家の非常口の、小さい出入口がある。女たちがそっと外出をする時とか、内密の人の訪れるところとなっている。
旧聞日本橋:02 町の構成 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)