“天張”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんば50.0%
てんばり50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天張”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 倫理学・道徳 > 社会倫理[社会道徳]100.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
祖母を愛するのは御無理御尤ごむりごもっとも天張てんばりである。
真の愛国心 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
阿弥陀様は長い事お慈悲の一天張てんばりで本願寺の後見をして来たが、そこの坊さんはうも金費かねづかひが荒くて世間の評判がくなかつた。