“大黒様”の読み方と例文
読み方割合
だいこくさま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
聖天様には油揚のお饅頭をあげ、大黒様には二股大根、お稲荷様には油揚をげるのは誰も皆知っている処である。
大黒詣にするね、当時豪商紳士大黒様ふべきは、渋沢栄一君だらう。
七福神詣 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
けれども、この外套は、友だちに笑われました。大きい襟を指さして、よだれかけみたいだね、失敗だね、大黒様みたいだね、と言って大笑いした友人がひとりあったのでした。
おしゃれ童子 (新字新仮名) / 太宰治(著)