“大渦”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おほうづ66.7%
おおうず33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大渦”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なにしろ可恐おそろしおほきが、しろ指紋しもん大渦おほうづいてるのだとおもひました。
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
大渦おほうづ荒潮あらじほ
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
何しろ直ぐ近所に東京と云う大渦おおうずが巻いて居るので、村を出ると直ぐ東京に吸われてしもうて、移住出稼などに向く者は先ず無いと云うてよい。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
近くに東京と云う大渦おおうずがある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)