“大廈高楼”の読み方と例文
読み方割合
たいかこうろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひそかに、時を待って、彼の虚をうかがっていれば、たとい喬木でも、大廈高楼でも、一挙の義風に仆せぬことはありますまい。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
立派な大廈高楼はどうも気楽そうに思われない。頼まれてもそういう所に住む気にはなれそうもない。
写生紀行 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
金モールを載せて轣轆と帝都をる貴顕大官の馬車や、開港場の黄金時代に乗って、大廈高楼に豪杯を挙げている無数の成り上がり者をながめて——一体、こういう人間を作るために
旗岡巡査 (新字新仮名) / 吉川英治(著)