“夜漏”の読み方と例文
読み方割合
やろう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
睡り少うしてひとへに夜漏やろうの長きを知る」「二毛暁に落ちて頭をくしけづることものうし、両眼春くらくして薬を点ずることしきりなり」「すべからく酒を傾けてはらわたに入るべし
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)