“夜叉相”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やしゃさう50.0%
やしゃそう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夜叉相”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その形小さく力無い鳥の家に参るといふのぢゃが、参るといふてもたゞ訪ねて参るでもなければ、遊びに参るでもないぢゃ、内に深く残忍の想を潜め、外又恐るべく悲しむべき夜叉相やしゃさうを浮べ、ひそやかに忍んで参るとう云ふことぢゃ。
二十六夜 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
その形小さく力無い鳥の家に参るというのじゃが、参るというてもただ訪ねて参るでもなければ、遊びに参るでもないじゃ、内に深く残忍の想をひそめ、外又恐るべく悲しむべき夜叉相やしゃそうを浮べ、ひそやかにしのんで参ると斯う云うことじゃ。
二十六夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)