“夜叉権”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やしゃごん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夜叉権”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
代地の権内ごんない住居すまいが、黒板塀や、霜除け松を川明りに描いて、ついそこに見える。この界隈かいわい夜叉権やしゃごんといわれる高利貸だ。
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それを、歩き歩き考えてみると、どうも、代地の権内の事件が原因らしい。——先おとといの晩、夜叉権やしゃごんを襲ったのは、義賊の雲霧だと、町では、彼が想像以上な噂なのだ。いや、人気といった方がいい、
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)