“墨竹”の読み方と例文
読み方割合
ぼくちく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その窓をした南側の壁と向うの北側の壁とには、ど軸のかつてゐなかつた事がない。蔵沢墨竹黄興の「文章千古事」と挨拶をしてゐる事もある。
漱石山房の秋 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
その窓をした南側の壁と向うの北側の壁とには、ど軸のかつてゐなかつた事がない。蔵沢墨竹黄興の「文章千古事」と挨拶をしてゐる事もある。
東京小品 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
わたしは梅道人墨竹を見、黄大癡山水を見、王叔明瀑布を見た。
支那の画 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)