“基経”の読み方と例文
読み方割合
もとつね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
運命は父親同士の頭に荒れ狂うているのか、それとも、息子たちがいているとでもいうのであろうか。——基経は、手をもって制した。
姫たちばな (新字新仮名) / 室生犀星(著)
読者は唯、平安朝と云ふ、遠い昔が背景になつてゐると云ふ事を、知つてさへゐてくれれば、よいのである。——その頃、摂政藤原基経に仕へてゐるの中に、と云ふ五位があつた。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
中御門の北、堀川の東一丁の所にあった時平の居館の名で、当時時平は故関白太政大臣基経、———昭宣公嫡男として、時の醍醐帝の皇后穏子の兄として、権威並びない地位にあった。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)