“地鶏”の読み方と例文
読み方割合
じどり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
珠運とか云う小二才はおのれだな弱々しい顔をしてもお辰を拐帯した、若いには似ぬ感心なし若いの、闘鶏の前では地鶏はひるむわ
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
優良種を自家で孵化するのは方法から云っても手間から云っても六つかしいとされているが、ただ自家用産卵をさせる為ならば、地鶏というのがいいそうである、これは鶏としての体躯も小さいし
一五 地鶏
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)