“地酒:ぢざけ” の例文
“地酒:ぢざけ”を含む作品の著者(上位)作品数
幸田露伴1
“地酒:ぢざけ”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
多分二人で地酒ぢざけ大酒盃おほさかづきかなんかで飲んで、都出みやこでの興世王は、どうも酒だけは西が好い、いくら馬処うまどころの相馬の酒だつて、頭の中でピン/\ねるのはあやまる
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)