“喧鬨”の読み方と例文
読み方割合
けうがう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
年季職人を組みて喧鬨めに蟻集するに過ぎずとか申せば、多分壮快なる滑稽と見るはざるべしと小生存候(一七日)
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)