“問屋向”の読み方と例文
読み方割合
とんやむき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このあたり裏道けて、松村小松松賀町——松賀も、鶴賀なまるにはばないが、町々もふさはしい、小揚連中住居ひ、それ、問屋向番頭手代、もうそれ不心得なのが
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)