“問屋物”の読み方と例文
読み方割合
とんやもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夕暮らしい寒い風が問屋物を運搬する荷馬車のって行く跡からききった砂塵を巻き揚げていった。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)